銘柄ニュース

戻る

欧州為替:ドル・円は110円64銭から110円82銭で推移


 19日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円64銭から110円82銭で推移している。黒田日銀総裁の「物価安定目標の実現に必要なら追加緩和を検討する」との発言を受けて円売りが優勢になっているとみられる。


 ユーロ・ドルは1.1295ドルから1.1325ドルで推移。ユーロ・円は124円98銭から125円47銭まで上昇している。ドイツの2月ZEW景気期待指数がやや改善し、ユーロの買い戻しが優勢になっている。


 ポンド・ドルは1.2908ドルから1.2935ドルで推移。英国の10-12月週平均賃金が予想を下回り、ポンド売りが優勢になっている。ドル・スイスフランは1.0035フランから1.0055フランで推移している。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均