銘柄ニュース

戻る

外為サマリー:一時109円80銭近辺に上昇、日銀会合は現状維持を決定

 23日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=109円62銭前後と前日午後5時時点に比べ20銭程度のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=124円62銭前後と同40銭弱のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は正午過ぎに一時109円79銭まで上昇した後は、109円60銭前後での一進一退となった。この日は日銀金融政策決定会合の結果が発表され、金融政策は現状維持となった。「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)では物価見通しが引き下げられた。日銀会合の結果発表後には109円80銭近辺へドル高・円安が進行したが、ドル買いの一巡後は売りに押された。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1368ドル前後と同0.0010ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。



出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均