銘柄ニュース

戻る

連日のストップ安から反発のそーせいグループを対象としたコールが前日比4倍の急上昇(21日10:00時点のeワラント取引動


新規買いは原資産の株価上昇が目立つそーせいグループ<4565>コール51回 11月 1,875円を順張り、そーせいグループコール53回 11月 2,250円を順張り、安川電機<6506>コール53回 12月 3,800円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つソニー<6758>コール321回 2月 6,500円を逆張り、東京エレクトロン<8035>コール219回 2月 18,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはフェイスブックコール74回 12月 220米ドル、日経平均コール1170回 11月 19,000円、昭和電工<4004>プット8回 1月 4,700円、日経平均プット921回 10月 21,500円、コマツ<6301>コール152回 3月 3,450円などが見られる。

上昇率上位はそーせいグループコール51回 11月 1,875円(前日比4倍)、そーせいグループコール53回 11月 2,250円(前日比3倍)、そーせいグループコール56回 2月 2,000円(前日比2.8倍)、そーせいグループコール55回 2月 1,700円(前日比2.4倍)、そーせいグループコール54回 2月 1,400円(前日比2倍)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)

《HH》

 提供:フィスコ

日経平均