銘柄ニュース

戻る

東京株式(寄り付き)=大幅続伸、NYダウ8カ月ぶり最高値受けリスクオン継続

 21日の東京株式市場は買い優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前営業日比173円高の2万3848円と大幅続伸。

 前日の米国株市場ではNYダウが250ドル超の上昇をみせ、今年1月下旬以来約8カ月ぶりの過去最高値を更新、これを受けて東京市場でもリスクを取る動きが継続している。外国為替市場では1ドル=112円台半ばまで円安が進行、一時は112円60銭近辺までドルが買われ、約2カ月ぶりの円安水準となったことも主力株中心に支援材料となっている。ただ、日米の閣僚級貿易協議(FFR)を見極めたいとの思惑は上値を重くする要因。日経平均は前日こそ利益確定の動きに伸び悩んだものの小幅プラス圏を確保し5日続伸、前週木曜日以降で1000円以上の上昇をみせているだけに、買い一巡後は株価調整圧力も意識されそうだ。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、29業種が高く、値上がり上位に不動産、鉄鋼、非鉄、保険、機械など。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均