銘柄ニュース

戻る

前場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後は日米イベント見極めへ


21日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:買い一巡後は日米イベント見極めへ
■前場の注目材料:Jマテリアル、2019年3月期上方修正、コンセンサス上回る
■住友化、世界の拠点拡充、中国に新工場、トルコ進出検討、車・家電部材増産


■買い一巡後は日米イベント見極めへ

21日の日本株市場は米株高の流れを受けて買い先行となろうが、買い一巡後は次第にこう着感の強い相場展開が意識されそうだ。20日の米国市場は、米中貿易摩擦の懸念が後退しているほか、フィラデルフィア連銀製造業景況感指数が予想を上振れたことが好感され、NYダウは250ドル超の上昇となった。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比220円高の23680円となり、朝方はこれにサヤ寄せする格好となろう。円相場は1ドル112円40銭台で推移している。また、マイクロン・テクノロジーが取引終了後に公表した第4四半期(6-8月)決算は、収益ともにアナリスト予想を上回った。データセンターやスマートフォンのメモリーチップ需要が追い風となっており、時間外で上昇していることも支援材料になろう。

また、昨日は自民党総裁選で安倍総裁の3選圧勝が伝わった直後に日経平均は高値を付けるものの、その後当日の安値を付ける局面もみられるなど、結果を受けた乱高下がみられた。先物市場で敏感に反応した格好だが、一先ず想定通りの結果となり、短期筋の仕掛け的な動きといったところであろう。政権安定が意識されるほか、来年10月には消費増税が予定されるなか、着実な実施に向けての経済テコ入れ策などへの期待感が高まりやすいところである。

とは言え、トランプ米大統領との首脳会談のほか、茂木経済再生担当相は、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との日米通商協議(FFR)が控えており、これを見極めたいとする模様眺めムードも強まりやすい。また、3連休を控えていることから、積極的な売買も期待しづらいところである。先物市場ではTOPIX型に海外勢の買い越しが目立っており、NT修正に伴うTOPIX型優位のほか、相対的に出遅れている銘柄への買い戻しが中心になりそうだ。

その他、マザーズ、JASDAQともに下落となるなど、そーせい<4565>が連日でストップ安となる中、引き続き需給懸念が根強い状況である。ただし、ゲーム関連の一角など、個別に動意付く銘柄も散見されており、そーせいの完全合致の寄り付きによる、アク抜け待ちといったところであろう。


■Jマテリアル、2019年3月期上方修正、コンセンサス上回る

Jマテリアル<6055>は20日、2019年3月期通期業績予想の修正を発表。売上高が従来の320.00億円から350.00億円、営業利益を64.00億円から77.00億円へ、ぞれぞれ上方修正した。営業利益のコンセンサスは74億円程度であり、これを上回る計画となる。主要顧客である半導体工場での設備投資が順調に実施されていることに伴いイニシャル部門の供給配管設計施工が当初想定より増加、またオペレーション部門においても、主要顧客工場での生産活動が順調に推移している。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(23674.93、+2.41)
・NYダウは上昇(26656.98、+251.22)
・ナスダック総合指数は上昇(8028.23、+78.19)
・シカゴ日経225先物は上昇(23680、大阪比+220)
・SOX指数は上昇(1387.67、+15.99)
・好調な企業業績
・1ドル112円40-50銭

・住友化<4005>、世界の拠点拡充、中国に新工場、トルコ進出検討、車・家電部材増産
・河西工<7256>、マレーシア攻略、車部品品質向上、合弁の体制強化
・宝HD<2531>、健康食品事業売却、酒類・バイオに集中


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・09:30 製造業PMI(9月)  52.5

<海外>
・特になし

《HT》

 提供:フィスコ

日経平均