銘柄ニュース

戻る

石川製など防衛関連が再動意、アフガン空爆で地政学リスク高まる

 石川製作所<6208>が反発、一時208円高の1748円まで買われたほか、豊和工業<6203>、興研<7963>、重松製作所<7980>、細谷火工<4274>など防衛関連株が買われている。

 北朝鮮を巡る北東アジア情勢の緊迫化で防衛関連機器を手掛ける銘柄群に投機資金が流入している。ただ、需給先行の上昇で直近は上下に荒い値動き。前日に米国がアフガニスタンに空爆を行ったことが、波紋を広げている。米軍はアフガンに潜伏する過激派組織ISを攻撃するためにMOABと呼ばれる大型爆弾を投下、これが改めて地政学的リスクを高めた。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均