銘柄ニュース

戻る

テックファームHDが一時10%高、カジノ実施法案の提出に向けた作業加速に期待

 テックファームホールディングス<3625>が急反発し、一時、前日比119円(9.9%)高の1319円まで買われている。この日午前、カジノを含む統合型リゾート(IR)導入に向けた推進本部の初会合が首相官邸で開かれているが、日経速報ニュースなどで「政府はカジノの運営方法や入場規制について本格的な検討を進め、秋の臨時国会にIR実施法案の提出を目指す」と報じられており、法案提出へ向けた作業加速への期待が高まっているようだ。

 同社はカジノ向けの決済システムを手掛けているほか、海外のカジノ施設の運営状況などを調査し、カジノ関連事業への参入を支援するサービスも展開。なお、カジノ関連銘柄では、オーイズミ<6428>などにも物色が波及している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均