決算速報

戻る
決算短信PDF

アゴーラ・ホスピタリティー・グループ <9704>【連結】

アゴーラHG、前期営業を一転赤字に下方修正

 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ <9704> が2月13日大引け後(16:00)に業績修正を発表。18年12月期の連結営業損益を従来予想の4000万円の黒字→7000万円の赤字(前の期は3100万円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結営業損益も従来予想の9700万円の黒字→1300万円の赤字(前年同期は1100万円の赤字)に減額し、一転して赤字計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 2.業績予想の修正の理由当社グループの宿泊事業部門におきましては、上期にかけて訪日外国人旅行者によるホテル利用は堅調に推移していましたが、売上高においては、主力である大阪エリアの宿泊施設において、関西地方で発生した地震や、9月に発生した台風による関西空港の閉鎖の影響により、主に団体での海外旅行者による宿泊者数の減少や一般宴会・料飲部門におけるキャンセル・延»続く

業績予想の修正

今下期【修正】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧 18.07-12 3,445 97 101 30 0.12 18/11/12
  新 18.07-12 3,445 -13 -119 -170 -0.67 19/02/13
修正率 0.0 赤転 赤転 赤転 赤転   (%)

今期【修正】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧  2018.12 6,800 40 -100 -250 -0.98 18/11/12
  新  2018.12 6,800 -70 -320 -450 -1.77 19/02/13
修正率 0.0 赤転 赤拡 赤拡 赤拡   (%)
※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」
※最新予想と従来予想との比較

今期の業績予想

下期業績

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
    17.07-12 3,982 -11 101 34 0.1 0 18/02/09
  予 18.07-12 3,445 -13 -119 -170 -0.7 19/02/13
前年同期比 -13.5 赤拡 赤転 赤転 赤転   (%)

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2016.12 7,961 258 162 450 1.6 0 17/02/13
     2017.12 7,603 -31 70 248 0.9 0 18/02/09
  予  2018.12 6,800 -70 -320 -450 -1.8 19/02/13
前期比 -10.6 赤拡 赤転 赤転 赤転   (%)
※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。
※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

日経平均