市場ニュース

戻る
2016年02月11日10時54分

【為替】東京為替:ドル・円は112円84銭近辺で推移、アジア株安一服でドル売り一段落


ドル・円は112円84銭近辺で推移。ドルは一時112円53銭まで続落したが、アジア諸国の株安一服を意識してリスク回避的なドル売りは一服している。香港ハンセン指数の下げ幅縮小などがドルを買い戻すきっかけとなったようだ。ただし、リスク回避的なドル売りが大幅に縮小する状況ではないとみられており、ドルは113円台前半で上げ渋るとの見方が多い。ここまでのドル・円は112円53銭から113円60銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.1274ドルから1.1320ドルで推移。

ユーロ・円は弱含み、127円35銭から128円12銭で推移。
■今後のポイント
・米利上げペース鈍化でドルの上値は重くなる
・113円台前半で個人勢などのドル売り興味残る

・NY原油先物(時間外取引):高値27.47ドル 安値26.85ドル 直近値26.94ドル

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均