市場ニュース

戻る
2016年02月10日14時50分

【材料】国内大手証券、建設セクターでは業績改善確度が同業他社比で高い鹿島をトップピック推奨

大成建 【日足】
多機能チャートへ
大成建 【日中足】

 野村証券の建設セクターのリポートでは、昨日場中にゼネコン大手4社(大成建設<1801>、大林組<1802>、清水建設<1803>、鹿島<1812>)が決算を発表したことを受け、総じて建築、 土木ともに粗利率は高水準であり好決算と評価。4社とも通期業績予想を据え置いているものの、電話会議の結果、「各社とも特段の懸念要因はないと表明した」と報告。

 個別では、17年3月期以降の業績改善確度が同業他社と比較して高い鹿島をトップピックで推奨している。
《MK》

株探ニュース

日経平均