市場ニュース

戻る
2016年02月10日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 バイタルKS、日医工、森永 (9日大引け後 発表分)

 9日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能の高い銘柄を取り上げた。

 バイタルKS <3151>   ★今期経常を34%上方修正・2期ぶり最高益更新へ
 ◆16年3月期の連結経常利益を従来予想の65億円→87億円に33.8%上方修正。増益率が6.1%増→42.0%増に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。利益率の高いC型肝炎治療薬など新薬の販売が想定より大きく伸びることが収益を押し上げる。

 奥村組 <1833>   ★4-12月期(3Q累計)経常が2.2倍増益で着地
 ◆16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の73.8億円に急拡大して着地。選別受注などによる工事採算の改善で、建築事業の営業損益が前年同期の48.7億円の赤字から14.3億円の黒字に急浮上したことが寄与。
  通期計画の84億円に対する進捗率は87.9%に達しており、通期上振れが期待される。

 森永 <2201>   ★4-12月期(3Q累計)経常は2.1倍増益・通期計画を超過
 ◆16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の111億円に急拡大して着地。四半期ベースとしては3四半期連続で過去最高益を更新した。主力菓子「ハイチュウ」のほか、アイスクリームやゼリー飲料の販売が好調で、2.6%の増収を確保。値上げ効果に加え、販管費の抑制や生産効率の改善も大幅増益に貢献した。
  通期計画の95億円を既に17.8%も上回っており、通期上振れが期待される。

 日医工 <4541>   ★今期最高益予想を38%上乗せ
 ◆16年3月期の連結最終利益を従来予想の80億円→110億円に37.5%上方修正。増益率が21.4%増→66.9%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。韓国バイネックス社の株式売却に伴い、売却益36.7億円が発生したことが主因。

 TOWA <6315>   ★今期経常を78%上方修正
 ◆16年3月期の連結経常利益を従来予想の9億円→16億円に77.8%上方修正。減益率が60.8%減→30.3%減に縮小する見通しとなった。一部顧客の工場拡張に伴う大型受注を獲得したことで、売上が計画を上回ることが寄与。利益率の高い半導体製造装置の売上構成比率の上昇も上振れに貢献する。

 TKC <9746>   ★10-12月期(1Q)経常は98%増益で着地
 ◆16年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比97.9%増の25.4億円に拡大して着地。マイナンバー制度の開始に伴い、地方公共団体向けにシステム開発の受注が大きく伸びたことが寄与。会計事務所向けクラウドサービスの売上増加や、経費削減なども大幅増益に貢献した。
  上期計画の37.5億円に対する進捗率は67.9%に達しており、業績上振れが期待される。

このほか、以下の銘柄の動向も注目される。

○浅沼組 <1852>  ★4-12月期(3Q累計)経常が3倍増益で着地
○三井海洋 <6269>  ★前期経常が上振れ着地・今期は17%増益、2.5円増配へ
○平和 <6412>  ★4-12月期(3Q累計)経常は8%増益・通期計画を超過
○フォーバルR <9423> [JQ] ★今期経常を36%上方修正

株探ニュース

日経平均