市場ニュース

戻る
2016年02月09日09時32分

【材料】マルハニチロは小幅反落、第3四半期経常利益が通期計画超過も地合い悪に押される

マルハニチロ 【日足】
多機能チャートへ
マルハニチロ 【日中足】

 マルハニチロ<1333>が小幅反落。8日取引終了後に発表した16年3月期第3四半期累計(2015年4月~12月)の連結決算で経常利益が通期計画を超過する好決算となったものの、日経平均株価が700円超下落する全体相場の地合い悪に押され売りが先行している。

 第3四半期の業績は売上高が6830億1300万円(前年同期比2.3%増)、営業利益が149億5200万円(同52.9%増)、経常利益が161億600万円(同32.7%増)と好調だった。燃油価格下落により漁業・養殖事業で営業利益が大幅に増加したほか、海外事業、物流事業なども利益を伸ばした。
 通期の業績予想は従来見通しを据え置いた。ただ、経常利益が通期予想の145億円(同22.5%増)を超過しているほか、営業利益も進ちょく率は96%に達しており、下値には買いが流入している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均