市場ニュース

戻る
2016年02月03日13時10分

【材料】ニックスやフマキラーが連日の急伸、ジカ熱関連株として買い集める

ニックス 【日足】
多機能チャートへ
ニックス 【日中足】

 ニックス<4243>が連日の急騰。株価は一時、値幅制限いっぱいの前日比300円(28.6%)高の1348円まで買われ、前日に続きストップ高となった。ジカ熱関連株が注目を集めており殺虫剤のフマキラー<4998>は9日続伸となっている。

 ジカ熱は蚊が媒介する感染症。発熱や発疹などの症状を引き起こし、特に妊婦が感染すると新生児の脳が十分に発達しない「小頭症」の原因となる疑いがある。中南米を中心に感染が拡大しており、世界保健機関(WHO)は緊急事態を宣言した。

 ニックスは、防虫効果のあるプラスチック製品を手掛け「虫のイヤがる網」などを手掛けており、ジカ熱に効果があるとの思惑が出ている。2日にテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」でジカ熱関連株として取り上げられたことも、買いを集める要因に働いた。同じくジカ熱関連株としては、防護服を手掛けるアゼアス<3161>なども値を上げている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均