市場ニュース

戻る
2016年02月03日07時22分

【市況】2日のNY市場は下落


NYDOW  : 16153.54 (-295.64)
NASDAQ  : 4516.95 (-103.42)
CME225  : 17470 (-310(大証比))

[NY市場データ]

2日のNY市場は下落。ダウ平均は295.64ドル安の16153.54、ナスダックは103.42ポイント安の4516.95で取引を終了した。石油の減産協議開催に懐疑的な見方が広がる中、原油相場が一時30ドルを下回る大幅下落となり、売りが先行。欧州株が全面安となったことも嫌気され、終日軟調推移となった。ダウは一時340ドルを超す下落となった。主要企業の好決算が相次いで発表されたものの、相場への影響は限定的だった。セクター別では公益事業を除いて全面安となり、半導体・半導体製造装置や銀行の下落が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比310円安の17470円。ADRの日本株は任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三菱商<8058>、ソフトバンクG<9984>、など対東証比較(1ドル120.04円)で全般冴えない。
《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均