市場ニュース

戻る
2016年02月02日12時29分

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~前場はリターンリバーサルで銀行が切り返す、後場は商社の動向に注目


2日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・前場はリターンリバーサルで銀行が切り返す、後場は商社の動向に注目
・ドル・円は120円84銭付近、利益確定売り継続
・小野薬<4528>、通期業績予想を上方修正


■前場はリターンリバーサルで銀行が切り返す、後場は商社の動向に注目

日経平均は小幅反落。前日比0.53円安の17864.70円(出来高概算13億1000万株)で前場の取引を終えた。原油価格の下落や円安推移の一服などを受けて、東証市場は売り優勢でスタート。日銀によるマイナス金利導入発表以降、日経平均が約800円上昇していたことも利益確定売りに押される要因となった。ただ、売り一巡後は、足元売られていたメガバンク3行が切り返したほか、第一生命<8750>もしっかりで推移したことから下げ幅をじりじりと縮小する展開に。一方、指数のけん引約となっていた三井不<8801>、三菱地所<8802>など大手不動産株は売られるなどリターンリバーサルがはっきりする地合いとなった。

業種別では、鉄鋼、鉱業、非鉄金属、不動産、石油・石炭が弱かった一方、医薬品、水産・農林、精密機器、電気・ガス、小売、銀行が買われた。なお、大幅続伸していたREIT指数は前日比1.34%安とこちらも上げ一服となっている。

前引けにかけて日経平均、TOPIXは下げ幅を縮小し前日終値水準まで戻している。12時45分に発表される10年国債の入札結果が波乱とならなければ、後場プラス圏で推移する場面も見られそうだ。前場の売買代金は1.34兆円と前日比では商いが減少したものの、後場は13時に三菱商事<8058>の決算が発表される。商社は資源価格下落による厳しい業績が事前に伝わっていることから、同社の決算発表が総合商社のアク抜けにつながるか注目されよう。

(株式部長 村瀬智一)


■ドル・円は120円84銭付近、利益確定売り継続

ドル・円は120円84銭付近で推移。120円台での取引が中心となった。利益確定売りが観測されている。

ドル・円は前日海外市場から利益確定売りが出ており、東京市場でも朝方に121円04銭を付けた後はじりじり値を下げる展開。上海総合指数は堅調推移となっているほか、日経平均株価は安寄り後に下げ幅を縮小。しかし、原油価格は弱含む展開のため、積極的なドル買いは手控えられている。

ランチタイムの日経平均先物は下げ幅を縮小しており、午後はプラス圏に切り返す可能性はあろう。ただ、原油価格が反転しないと市場の警戒感は後退せず、ドル・円の上昇にもつながらないとみられる。

12時24分時点のドル・円は120円84銭、ユーロ・円は131円67銭、ポンド・円は174円36銭、豪ドル・円は85円84銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・ファナック<6954>、エーザイ<4523>、アステラス薬<4503>が日経平均を約36円押し上げ
・投資判断引き上げのH2O<8242>、三越伊勢丹<3099>が堅調
・小野薬<4528>、通期業績予想を上方修正


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・12:30 豪準備銀行が政策金利発表(2.00%に据え置き予想)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均