市場ニュース

戻る
2016年01月26日14時24分

【材料】国内調査機関、現状では1ドル=120円を超えた円安への期待感は高くないと指摘

プレナス 【日足】
多機能チャートへ
プレナス 【日中足】

 TIWでは、今週は26~27日の米FOMC、28~29日の日銀政策決定会合に注目が集まるなか、特段の政策発表(変更)は行われないと予想。足もとでのリスク回避姿勢がやや後退していることから緩やかな株価回復が見込まれるとしているものの、貿易黒字が続くと思われる現状では1ドル=120円を超えた円安への期待感は高くないとの見方で、原油安・輸入物価下落を享受できる内需銘柄の押し目を拾いたいと解説。

 割安感の強い銘柄として、プレナス<9945>とパル<2726>を紹介している。
《MK》

株探ニュース

日経平均