市場ニュース

戻る
2016年01月26日10時03分

【市況】10時時点の日経平均は前日比350.19円安、トヨタ、メガバンクが弱い


10時時点の日経平均は前日比350.19円安の16760.72円で推移している。原油価格下落に伴う米国株の下げを受けて東京市場は売り優勢でスタート。時間外取引で原油価格が1バレル30ドルを割り込んでいることから、先物市場では売りが入り日経平均は16683円まで下げ幅を拡大するなどさえない展開となっている。

全業種が下落しているなか、鉱業、銀行業、パルプ・紙、保険が弱い。トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、キーエンス<6861>が弱い。一方、任天堂<7974>、GSIクレオス<8101>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均