市場ニュース

戻る
2016年01月22日09時25分

【市況】日経平均は319円高でスタート、欧米株高や原油価格上昇が買い安心感に/寄り付き概況


日経平均 : 16336.72 (+319.46)
TOPIX  : 1327.93 (+26.44)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅に反発して始まった。ドラギ総裁が3月にも追加緩和に踏み切ることを示唆しており、これを受けて欧州市場が上昇。米国市場にも買いが広がり、21日のNYダウは反発。また、原油先物価格が上昇したことも買い安心感につながっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比460円高の16460円となり、これにさや寄せする格好から幅広い銘柄が買い先行で始まっている。

 セクターでは33業種全てが上昇しており、鉱業、保険、鉄鋼、石油石炭、機械が4%を超える上昇。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1800を超えており、全体の98%を占める全面高商状に。規模別指数では大型、中型、小型株指数はいずれも2ケタの上昇。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、メガバンク3行、ソニー<6758>、三井物産<8031>、村田製<6981>、日本電産<6594>、ミクシィ<2121>などが堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均