市場ニュース

戻る
2016年01月20日11時39分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にアートスパーク

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の15日午前10時現在で、アートスパークホールディングス<3663>が「売り予想数上昇」で3位となっている。20日の東京株式市場でアートスパークは大幅反落。一時、前日比257円安の1951円まで売り込まれている。

 東証が19日、アートスパーク株について20日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除すると発表した。日証金も同日から貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の銘柄別増担保金徴収措置を解除すると発表している。信用取引に関する臨時措置解除に伴って、売買の自由度が回復するとの見方はあるものの、きょうは売りが優勢となっている。

 同社は車載向け操作画面を手掛けており、自動車テレマティクス・ロボット関連ベンチャーのZMP(東京都文京区)関連銘柄の一角として人気を集め、昨年12月下旬に1500円水準の株価が、今年1月4日に2995円まで急騰する経緯があった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均