市場ニュース

戻る
2016年01月14日15時09分

【市況】国内大手証券、産業用エレクの第3四半期決算は通期計画に対して予定線で進捗していると予想

 野村証券の産業用エレクトロニクス業界のリポートでは、10~12月期は地域や事業別で業績の好不調が分かれると指摘。中国景気の減速や元安を受けた周辺新興国経済への波及による影響があるとみて、半導体関連は需要減に加えて在庫調整が進展中、足元ハイエンドスマホの調達減の影響も出ているものの、国内や北米需要は比較的堅調に推移、特にITサービスは堅調と解説。

 このような環境下、各社は課題事業での構造改革を加速しているため、過去の業績下降局面と比較して業績下振れ幅は小さくなっていると想定。総じて第3四半期決算は通期計画に対して予定線で進捗していると予想。

 個別では、日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、富士電機<6504>の順で注目している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均