市場ニュース

戻る
2016年01月14日14時53分

【為替】住友鉱が一時1200円割れで新安値、非鉄市況の悪化懸念

 住友金属鉱山<5713>が安い。株価は一時、前日比57円(4.6%)安の1186円まで売られ昨年来安値を更新した。同社株の1200円割れは13年7月以来、2年6カ月ぶり。原油に加え非鉄市況の下落で、同社を含む非鉄大手への業績悪化懸念が膨らんでいる。

 特に、住友商事<8053>が13日、ニッケル開発に絡み投資回収が見込めなくなったとし770億円の減損損失を発表。同じニッケル大手の住友鉱にも連想売りが出ているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均