市場ニュース

戻る
2016年01月12日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(2):エストラスト、JMNC、暁飯島工業、放電精密など

■エストラスト <3280>  552円  +30 円 (+5.7%) 特別買い気配   09:06現在
 8日に発表した「株主優待制度を導入」が買い材料。
 株主優待制度を導入。毎年2月末日時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード2000円分を贈呈する。

■JMNC <3645>  452円  +24 円 (+5.6%) 特別買い気配   09:06現在
 8日に決算を発表。「上期経常は一転60%増益で上振れ着地・通期計画を超過」が好感された。
 JMNC <3645> [東証M] が1月8日大引け後(15:30)に決算を発表。16年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常利益は前年同期比59.6%増の7500万円に拡大し、従来の57.4%減益予想から一転して増益で着地。
  ⇒⇒JMNCの詳しい業績推移表を見る

■暁飯島工業 <1997>  1,845円  -120 円 (-6.1%) 特別売り気配   09:06現在
 8日に決算を発表。「9-11月期(1Q)経常は40%減益で着地」が嫌気された。
 暁飯島工業 <1997> [JQ] が1月8日大引け後(15:00)に決算を発表。16年8月期第1四半期(9-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比40.5%減の7200万円に落ち込み、9-2月期(上期)計画の2億6000万円に対する進捗率は27.7%にとどまり、5年平均の46.1%も下回った。
  ⇒⇒暁飯島工業の詳しい業績推移表を見る

■放電精密加工研究所 <6469>  731円  -45 円 (-5.8%) 特別売り気配   09:06現在
 8日に決算を発表。「今期経常を55%下方修正」が嫌気された。
 放電精密 <6469> [JQ] が1月8日大引け後(16:30)に決算を発表。16年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常損益は1億4700万円の赤字(前年同期は4億4900万円の黒字)に転落した。
  ⇒⇒放電精密加工研究所の詳しい業績推移表を見る

■買取王国 <3181>  640円  -30 円 (-4.5%) 特別売り気配   09:06現在
 8日に業績修正を発表。「今期経常を一転31%減益に下方修正」が嫌気された。
 買取王国 <3181> [JQ] が1月8日大引け後(17:00)に業績修正を発表。16年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の3億円→2億円(前期は2.9億円)に34.1%下方修正し、一転して31.2%減益見通しとなった。
  ⇒⇒買取王国の詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「12月既存店売上高0.5%減」も売り材料。
 12月の既存店売上高は前年同月比0.5%減と9ヵ月ぶりに前年割れとなった。

■メディア工房 <3815>  651円  -30 円 (-4.4%) 特別売り気配   09:06現在
 8日に決算を発表。「9-11月期(1Q)最終は赤字転落で着地」が嫌気された。
 メディア工房 <3815> [東証M] が1月8日大引け後(15:00)に決算を発表。16年8月期第1四半期(9-11月)の連結最終損益は1200万円の赤字(前年同期は5600万円の黒字)に転落した。
  ⇒⇒メディア工房の詳しい業績推移表を見る

■技研製作所 <6289>  1,591円  +104 円 (+7.0%)  09:06現在
 8日に決算を発表。「9-11月期(1Q)経常は95%増益で着地」が好感された。
 技研製 <6289> [東証2] が1月8日大引け後(15:00)に決算を発表。16年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は前年同期比95.4%増の14.7億円に拡大し、9-2月期(上期)計画の22.2億円に対する進捗率は66.4%に達し、5年平均の38.4%も上回った。
  ⇒⇒技研製作所の詳しい業績推移表を見る

■KLab <3656>  745円  +41 円 (+5.8%)  09:06現在
 8日に発表した「ブロッコリーと業務提携」が買い材料。
 ブロッコリー <2706> [JQ]と業務提携。ブロッコリーの知的財産・キャラクターと同社の技術力を活かしたスマートフォン向けゲームアプリの共同開発、運営を行う。

■電通 <4324>  6,350円  +100 円 (+1.6%)  09:06現在
 8日に発表した「12月単体売上高は7.3%増」が買い材料。
 12月単体売上高は前年同月比7.3%増の1533億1000万円だった。

■オートバックスセブン <9832>  2,002円  -51 円 (-2.5%)  09:06現在
 8日に発表した「12月既存店売上高は20.7%減」が売り材料。
 12月既存店売上高は前年同月比20.7%減と、2ヵ月連続で前年実績を下回った。暖冬の影響でスタッドレスタイヤやタイヤチェーンなど冬季商品の販売が大幅に減少した。

株探ニュース

日経平均