市場ニュース

戻る
2016年01月08日17時20分

【市況】【↓】日経平均 大引け|初の年初5日続落、一時207円高もリスク回避で沈む (1月8日)


日経平均株価
始値  17562.23
高値  17975.31(10:32)
安値  17509.64(09:05)
大引け 17697.96(前日比 -69.38 、 -0.39% )

売買高  25億9124万株 (東証1部概算)
売買代金 3兆2017億円 (東証1部概算)


-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は5日続落、大発会から5日続落は戦後初
 2.中国株反発・元高で一時207円高付けるが、上値は重く上げ幅を消す
 3.3連休・米雇用統計を控え、リスク回避の売り
 4.東証33業種のうち30業種が下落
 5.内需株の下落が目立つ


■東京市場概況

 前日の米国市場では、人民元安、中国株安、原油安が嫌気され、ダウは392ドル安と大幅続落した。

 東京市場では、日経平均は69円安と5日続落し、昨年9月30日以来3ヵ月ぶりの安値となった。同指数の大発会からの5日続落は初めてで、5日間の下げ幅は1335円に達した。TOPIXも26年ぶりに大発会からの5日続落となった。

 朝方は欧米株安、中国リスクが警戒され、続落してスタート。その後、サーキットブレイカー制度を停止した中国株が反発に転じたことや、人民元の対ドル基準値が元高に設定されたことなどを支えにプラス圏に浮上。

 日経平均は一時は207円高まで上昇したものの上値は重く、前日終値近辺へ押し返される。終盤に入ると、3連休と今晩の米雇用統計発表を控えて、中国・北朝鮮・中東情勢などリスク要因に対する警戒感が強まり、ポジション調整売りでマイナス圏に転落した。

 関西電 <9503> や大林組 <1802> 、セブン&アイ <3382> 、日通 <9062> 、野村 <8604> 、三菱UFJ <8306> などの内需関連株の下げが目立つ。神戸鋼 <5406> やトヨタ <7203> 、キヤノン <7751> 、カシオ <6952> といった輸出関連株も売られ、東証1部の75%の銘柄が下落した。

 本日の下げで騰落レシオ(25日平均)は62.9%(底値ゾーンは70%以下)に低下。日経平均は一目均衡表週足の「雲」下限(1万7740円)を割り込み、目先のポイントである24ヵ月移動平均線(1万7530円)に一段と接近した。

 日経平均への寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、ファナック <6954> 、京セラ <6971> 、ダイキン <6367> 、テルモ <4543> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約25円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、セブン&アイ <3382> 、ソフトバンク <9984> 、花王 <4452> 、キヤノン <7751> 。押し下げ効果は約57円。うち36円はファストリ1銘柄によるもの。


 東証33業種のうち上昇は、ゴム製品、精密機器、機械の3業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)電気機器、(2)ガラス土石製品、(3)卸売業、(4)情報・通信業、(5)輸送用機器。一方、下落率の大きかった5業種は(1)電気・ガス業、(2)海運業、(3)建設業、(4)小売業、(5)鉱業。

■個別材料株

△USMH <3222>
 3-11月期経常益は対通期で84%進捗。
△さくらネット <3778>
 プライベート・ブロックチェーン実証実験プラットフォームを無償提供。
△大有機 <4187>
 今期経常は11%増益、2円増配。
△東京個別 <4745>
 3-11月期(3Q累計)経常が33%増益で着地。
△ナノキャリア <4571> [東証M]
 「NC-6004ナノプラチン」の治験計画届書を提出。
△リプロセル <4978> [JQG]
 ゴールドマンS証が「買い」でカバレッジ開始。
△ゼニス羽田 <5289> [東証2]
 3.8%を上限に自社株買いを実施。
△良品計画 <7453>
 今期経常最高益予想を2%上乗せ。
△キユソ流通 <9369>
 今期経常は16%増で2期連続最高益、6円増配へ。

▲ハニーズ <2792>
 今期最終を22%下方修正。
▲フィスコ <3807> [JQG]
 東証が信用規制。
▲ファストリ <9983>
 今期税引き前を一転微減益に下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)さくらネット <3778> 、(2)SKジャパン <7608> 、(3)関電化 <4047> 、(4)トランザク <7818> 、(5)中越パ <3877> 、(6)星光PMC <4963> 、(7)良品計画 <7453> 、(8)日本ビューホ <6097> 、(9)大有機 <4187> 、(10)USMH <3222> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ネクステージ <3186> 、(2)イーレックス <9517> 、(3)リオン <6823> 、(4)ランド <8918> 、(5)ハニーズ <2792> 、(6)ヒトコム <3654> 、(7)メック <4971> 、(8)ツクイ <2398> 、(9)スター精 <7718> 、(10)テクマト <3762> 。


【大引け】

 日経平均は前日比69.38円(0.39%)安の1万7697.96円。TOPIXは前日比10.62(0.73%)安の1447.32。出来高は概算で25億9124万株。値上がり銘柄数は377、値下がり銘柄数は1466となった。日経ジャスダック平均は2594.50円(3.63円安)。

[2016年1月8日]

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均