市場ニュース

戻る
2016年01月07日13時07分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にドーン

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の6日12時現在で、ドーン<2303>が「買い予想数上昇」で2位となっている。

 ドーンは4日連続でストップ高カイ気配に張り付く離れ業。6日の取引終了後に16年5月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の6億5000万円から7億4200万円(前期比25.1%増)へ、営業利益を3700万円から6800万円(同5.2倍)へ上方修正。増額発表で買い人気がさらに増幅された。

 同社はGIS(地理情報システム)クラウドソリューションで業界に先駆、官公庁や自治体に加え、民間企業向けにも高い実績を持っている。これをリソースとした自動運転車やドローンへの活用が注目されている。
自動運転は段階的に進化のプロセスをたどり、ドライバーの操作を全く必要としない完全自動化された段階である「レベル4」では高精度なマッピング技術がカギを握る。

 一方、ドローン関連としては12月10日に改正航空法、いわゆるドローン規制が施行されたが、ドローンに関する法整備はむしろ普及につながるとの見方も出ている。3月24~26日に国際展示会『ジャパン・ドローン 2016』が開催されるなど、イベントの後押しも投機資金の買い手掛かりとなっている。

 なお、3連続ストップ高で高値警戒感もあり、きょうは「売り予想数上昇」でも3位にランクされ強弱感の対立を物語っている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均