市場ニュース

戻る
2016年01月07日07時22分

【市況】6日のNY市場は下落


NYDOW  : 16906.51 (-252.15)
NASDAQ  : 4835.77 (-55.67)
CME225  : 18040 (-140(大証比))

[NY市場データ]

 6日のNY市場は下落。ダウ平均は252.15ドル安の16906.51、ナスダックは55.67ポイント安の4835.77で取引を終了した。北朝鮮による水爆実験や中国人民元の中心レート引き下げを受けてアジアや欧州株が軟調となり、米国株にも売りが広がった。FOMC議事録では一部の委員がインフレ動向に懸念を示していることが明らかになったほか、原油相場が大幅下落となったことも嫌気され、終日軟調推移となった。ダウは一時340ドルを超す下落となった。セクター別では食品・飲料・タバコを除いて全面安となり、エネルギーや自動車・自動車部品の下落が目立った。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比140円安の18040円。ADRの日本株は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、花王<4452>など、対東証比較(1ドル118.49円換算)で全般軟調。
《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均