市場ニュース

戻る
2016年01月06日15時21分

【市況】<動意株・6日>(大引け)=ビーマップ、アキュセラ、ポールHDなど

 ビーマップ<4316>=ストップ高に買われたほか、ドーン<2303>も値幅制限いっぱいまで上値を伸ばし、ALBERT<3906>も急騰するなど新興市場のドローン関連の一角が物色人気を集めた。政府は福島県の復興・再生の推進力とするため、エネルギー、医療、ロボットなどさまざまな研究開発のための環境整備を進める方針にあるが、その一環として福島県内にロボットの研究開発拠点を設け、災害対応ロボットや小型無人機「ドローン」などの実証試験を実施する計画にある。

 アキュセラ<4589>=ストップ高。14年5月以来の1000円台に乗せた。市場が波乱状態となるなか、外部環境に左右されにくいバイオ関連株に物色の矛先が向かっている。同社株は、14年の2月に東証マザーズに外国株として上場を果たした後、ここ3ケタ台で株価は推移していただけに、出遅れ感からの見直し買いが膨らんでいる様子だ。同社は眼疾患の「加齢黄斑変性」に対する治療薬「エミクススタト」の開発を進めている。同薬は現在、米国で臨床2b/3相試験が行われているが、今年6月頃にはトップライン・データーが発表される予定。その結果が良好なら新薬の上市に向けて大きく前進するとの期待が膨らんでいる。

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>=大幅続伸。いちよし経済研究所が5日付で、投資判断「A」を継続し、フェアバリューを1600円から1700円へ引き上げており、時価水準との乖離の大きさから買いが入っているようだ。同経研では、16年1月期営業利益について会社計画(22億9300万円)を上回る25億円と予想しているほか、主力のデバッグ・検証事業が牽引し、17年1月期も着実な業績拡大に向かうと予想しており、営業利益予想を26億円から28億円へ引き上げた。

 フォーサイド<2330>=大幅高。同社が5日の取引終了後、連結子会社のフォーサイドエンタテイメントが、スマートフォン向け次世代SNSアプリ「Catchboard」を3月1日に正式リリースすると発表しており、これに対する期待感から買いが入っているようだ。「Catchboard」は、友だちや家族との繋がりを重視したコミュニケーションアプリ。コミュニケーションを通してつながる楽しさをコンセプトとして開発され、基本的な友だちや家族とのトーク機能に加えて、近況を共有するタイムライン機能やイベント機能を搭載したのが特徴だという。

 エレコム<6750>=急伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は5日、同社株の投資判断の「バイ」を継続するとともに、目標株価を1600円から2200円に引き上げた。 スマートフォンやタブレット関連市場は成熟しつつあるが、量販店以外の販路開拓やエンベデッドの育成、ライフスタイル関連など新商材の開発で持続的成長が可能と指摘。16年3月期の連結営業利益は前期比9.4%増の89億1000万円(会社予想88億円)、17年3月期は同95億円と業績拡大を予想している。

 埼玉県を中心に食品スーパーを展開しているベルク<9974>=反発。同社は5日取引終了後に、16年2月期第3四半期累計(15年3月~11月)の連結決算を発表。営業利益は63億8000万円(前年同期比16.3%増)となり、通期計画76億8700万円に対する進捗率は83.0%に達した。売上高は1332億4400万円(同12.8%増)で着地。ベルクカードポイント販促およびチラシ価格の強化などにより固定客化を図る取り組みを実施したことが功を奏した。なお、通期業績見通しは従来計画を据え置いている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均