市場ニュース

戻る
2016年01月06日09時56分

【材料】ITbookが続急騰、マイナンバーでコンサルティング需要開拓へ

ITbook 【日足】
多機能チャートへ
ITbook 【日中足】

 ITbook<3742>が続急騰、マイナンバー関連の有力銘柄として年明け早々から2日連続ストップ高を演じたが、きょうも一時120円高の981円まで上値を伸ばし存在感をみせつけている。

 1日から年金、医療、納税などの行政手続きを12ケタの共通番号で効率的に管理するマイナンバー制度の運用が開始されたが、システム投資需要などで、2.5~3兆円規模の多大な経済効果が試算されているだけに、関連企業への恩恵は大きいとみられている。そのなか、官公庁や自治体向け、民間企業向けなど広範囲にわたるシステム開発およびコンサルティング事業で先駆する同社株へのビジネスチャンス拡大に期待が募っている。

 このほか地方自治体向けシステム構築で高実績を持つアイネス<9742>や、システム開発や保守で実力を有し、法人番号対応でマイナンバーに絡む保管システムの需要を取り込むことが予想される大塚商会<4768>などにも買いが先行している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均