市場ニュース

戻る
2016年01月05日15時38分

【市況】日経平均は続落、中国株の動向に振らされる展開/相場概況


日経平均は続落。4日の米国市場では、中国経済の減速や中東における地政学リスクの高まりへの警戒感から、NYダウは276ドル安となった。ただ、日経平均は前日582円安と大きく下げていたこともあり、本日は52円安と比較的小幅な下げでスタートした。前日の急落で注目された上海総合指数が一時プラスへと切り返し、これを受けて日経平均も18547.38円(前日比96.40円高)まで上昇する場面があった。ただ、上海総合指数が再びマイナスに転じたことで、日経平均は後場弱含む展開となった。

大引けの日経平均は前日比76.98円安の18374.00円となった。東証1部の売買高は19億2364万株、売買代金は2兆2013億円だった。業種別では、水産・農林業、保険業、輸送用機器が下落率上位だった。一方、情報・通信業、電気・ガス業、陸運業が上昇率上位だった。

個別では、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクグ<9984>、ホンダ<7267>などが軟調。前日逆行高となった東芝<6502>が4%近く下げたほか、住友化<4005>は連日で5%超の下落に。また、ヒトコム<3654>、チヨダ<8185>、日水<1332>などが東証1部下落率上位となった。一方、ソニー<6758>、三井住友<8316>、KDDI<9433>、三井不<8801>などが堅調。一部証券会社の投資評価及び目標株価引き上げを受けてNTT<9432>、NTTドコモ<9437>が2%超の上昇。旭化成<3407>は3%超の上昇に。また、さくら<3778>が連日でストップ高となり、前日決算発表したアドヴァン<7463>などとともに東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均