市場ニュース

戻る
2015年12月30日10時20分

【材料】武田薬品、国内証券は18年3月期まで成長確度は高いも19年3月期以降の特許満了が課題と指摘

武田 【日足】
多機能チャートへ
武田 【日中足】

 武田薬品工業<4502>が小安い。マイナススタートで始まり、一時は買い優勢となる場面があったものの値を消す。

 国内大手証券では、炎症性腸疾患薬のEntyvio、多発性骨髄腫薬のNinlaro、抗うつ薬Brintellixのグローバル製品のほか、日本で販売する降圧剤のAzilvaと消化性潰瘍薬のTakecabの5大新薬が18年3月期までの成長を支えると予想。

 18年3月期までの成長確度は高いものの、19年3月期以降の特許満了が課題とみて、レーティング「ニュートラル」、目標株価を6400円でカバレッジを再開している。
《MK》

株探ニュース


日経平均