市場ニュース

戻る
2015年12月29日10時45分

【材料】亀田製菓、国内大手証券は家呑み需要拡大で柿の種の売上高は堅調に推移していると想定

亀田製菓 【日足】
多機能チャートへ
亀田製菓 【日中足】

 亀田製菓<2220>が急伸。株価は一時320円高の4925円まで買われた。高値圏では売り圧力が強いものの、大幅高での推移となっている。

 国内大手証券では、16年1月より値上げを実施する予定のため、各種コスト削減策と合わせて国内米菓事業は中期経営計画に沿った高い利益成長が可能と指摘。足元、チェーン居酒屋の市場縮小に伴い家呑み需要が拡大しているとの見方で、柿の種の売上高は堅調に推移していると想定。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価を6400円から6500円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均