市場ニュース

戻る
2015年12月28日15時05分

【材料】<動意株・28日>(大引け)=日農薬、古河機金、ザインなど

日農薬 【日足】
多機能チャートへ
日農薬 【日中足】

 日本農薬<4997>=大幅高。「個人投資家の商いが活発。前週末まで、節税対策に伴う損益通算の売りが下げを助長していたが、実質年替わりで流れが変わった。日本の農業の成長を担う銘柄としての位置付けがあるなか、PBRが1倍を割り込んでいたことも買いの足掛かりとなった」(国内ネット証券大手)と指摘される。安倍政権にとってTPP締結と農業の成長戦略は表裏一体であり、同社は農薬トップメーカーとして国策の恩恵に乗るとの見方が市場では根強い。

 古河機械金属<5715>=戻りが本格化。5日・25日移動平均線のゴールデンクロスも早晩実現しそうだ。主力の油圧ドリルが海外で好調だが、国内ではリニア中央新幹線工事関連としても注目。既に山岳トンネルで最難関とされる「南アルプストンネル」を皮切りにトンネル掘削工事がスタートしているが、リニア開業予定は2027年と長丁場であり、今後トンネルドリルなどの受注が期待される。

 ザインエレクトロニクス<6769>=後場一段高。同社はきょう、高速応答・高効率の電源モジュール製品技術を開発、同市場に参入すると発表。これが材料視されているようだ。 これは大容量の電流を必要とする電子回路基板上の電源に最適な技術。ビッグデータ解析やIoTで用いられる人工知能用プロセッサやサーバー、高速画像処理・画像認識、各種産業機器などの演算処理能力が必要とされる電子回路基板に適用できる。

 日本エンタープライズ<4829>=急反発。材料難から主力株が動きにくいなか、前週末まで5日続落で株価210円台まで下落し、年初来安値を更新していた同社株には、値頃感や自律反発狙いの買いが向かっているもよう。また、25日には、子会社の交通情報サービスがスマートフォン向け「ATIS交通情報」に、「交通情報プッシュ通知」を新たに搭載してリリースしたと発表しており、これを好材料視した買いも入っているようだ。

 ロックオン<3690>=急騰。きょう付の日経産業新聞で、「仮想通貨取引所運営のテックビューロ(大阪市)と組み、通販サイトの運用コストを3分の1以下に抑えるシステムの開発を始める」と報じられ、業績への寄与を期待した買いが入っている。記事によると、複数台のコンピューターでデータを共有して処理する仕組みで、通販サイトへの急激な注文数の増加に耐えられるようにしたという。なお、ロックオンは28日、日経産業新聞の報道と同様の内容を正式発表した。

 インテリックス<8940>=急反騰。同社は25日取引終了後、16年5月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の365億2000万円から384億2000万円(前期比38.4%増)へ、営業利益を14億4300万円から17億5500万円(同66.2%増)へ上方修正した。リノヴェックスマンション販売事業で、地方主要都市への店舗展開が奏功し、仕入拡大に伴い物件販売件数が増加していることに加えて、1棟もののオフィスビル、レジデンスなどその他不動産の物件販売でも、期初に見込んでいなかった物件売却が加わり業績を押し上げたとしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均