市場ニュース

戻る
2015年12月25日15時28分

【市況】東京株式・2部(大引け)=2部指数は5日ぶり反発

 25日の東京株式2部市場は5日ぶり反発。大引けの2部指数は、前日比2.62ポイント高の4592.40となった。

 個別銘柄ではイトーヨーギョー<5287>がストップ高。アートSHD<3663>、ロイヤルホテル<9713>、ラオックス<8202>、瑞光<6279>は値上がり率上位に買われた。半面、ピクセラ<6731>、天昇電<6776>、ネポン<7985>、セコニックHD<7758>は値下がり率上位に売られた。

 きょう東証2部市場に新規上場した一蔵<6186>は、寄り付きと同時に公開価格1210円を26円(2.1%)上回る1236円で初値をつけた。直後に1259円まで上昇したが、その後、ほぼ換金売りに押される展開となり、結局1120円と公開価格の水準を下回って引けた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均