市場ニュース

戻る
2015年12月18日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):クスリアオキ、日産車体、クミアイ化、メルコなど

■クスリのアオキ <3398>  6,290円  +160 円 (+2.6%)  09:06現在
 17日に決算を発表。「上期経常が30%増益で着地・9-11月期も12%増益」が好感された。
 クスリアオキ <3398> が12月17日大引け後(15:00)に決算を発表。16年5月期第2四半期累計(6-11月)の経常利益(非連結)は前年同期比30.1%増の49.3億円に拡大し、通期計画の90億円に対する進捗率は54.8%に達し、5年平均の48.0%も上回った。
  ⇒⇒クスリのアオキの詳しい業績推移表を見る

■日産車体 <7222>  1,331円  -58 円 (-4.2%)  09:06現在
 17日に発表した「株主優待制度を廃止」が売り材料。
 株主に対する公平な利益還元の観点から、クオカードを贈呈する株主優待制度を廃止する。

■クミアイ化学工業 <4996>  1,112円  +90 円 (+8.8%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「中計、18年10月期に営業益50億円目標」が買い材料。
 中期経営計画を策定。18年10月期に営業利益50億円(15年10月期実績は37億円)、ROE10%以上(同13.1%)を目指す。

■メルコホールディングス <6676>  2,159円  +150 円 (+7.5%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「13.51%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 17日、メルコ <6676> が発行済み株式数(自社株を除く)の13.51%にあたる300万株(金額で63億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は12月18日から16年12月16日まで。うち、170万株を18日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で買い付ける(買い付け価格は17日終値の2009円)。

■UBIC <2158>  892円  +45 円 (+5.3%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「人工知能でメガバンクの業務支援」が買い材料。
 人工知能「KIBIT」で三菱東京UFJ銀行の法人向け業務の高度化への取り組みを支援する。同行の法人向け業務で蓄積された様々なテキストデータの解析を行う。

■リアルワールド <3691>  1,845円  +120 円 (+7.0%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「ビットコインへのポイント交換で提携」が買い材料。
 ビットコイン販売所を運営するビットフライヤーと、ビットコインへのポイント交換で業務提携。リアルワールドサービスによって貯めたポイントをビットコインに交換できるようにする。

■ピエトロ <2818>  1,557円  +100 円 (+6.9%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「東証1部に指定替え」が買い材料。
 東証がピエトロを24日付で市場1部に指定替えする。

■ラクーン <3031>  491円  +24 円 (+5.1%) 特別買い気配   09:06現在
 17日に発表した「決済代行サービス『Paid』がLINEに対応」が買い材料。
 BtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid(ペイド)」のLINEへの対応を開始。LINEの公開型アカウント「LINE@(ラインアット)」の料金支払いに「Paid」が利用できるようになった。

株探ニュース

日経平均