市場ニュース

戻る
2015年12月15日09時20分

【材料】京王電鉄が4ケタ大台復帰、民泊分野参入で訪日需要とらえる

京王 【日足】
多機能チャートへ
京王 【日中足】

 京王電鉄<9008>が買い優勢。前日の波乱相場でも頑強な展開をみせていたが、きょうは寄り付きに4ケタ大台を回復した。15日付の日本経済新聞が「(同社は)住宅の空き部屋などに旅行客を有料で泊める『民泊』分野に参入する。民泊の予約仲介サイトの運営会社に10%出資した」と報じた。政府の積極的なプロモーションで訪日観光客が急増するなか、その誘致に積極的に取り組み、同分野を深耕する構えが株価を刺激する格好となった。同社は京王プラザホテルなどホテル事業も展開、10月月次では新宿、八王子、多摩のいずれも前年比プラスを確保し業績に寄与している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均