市場ニュース

戻る
2015年12月01日14時27分

【材料】三井松島が動兆、業績改善背景にリターンリバーサル狙いの買い

三井松島 【日足】
多機能チャートへ
三井松島 【日中足】

 三井松島産業<1518>がじわり水準を切り上げている。個人投資家の資金回帰の動きが観測されるなか、個別材料株に物色の矛先が向いており、特に出来高流動性を伴う株価低位の銘柄群に注目が集まっている。同社株は130円近辺と値ごろ感が強く、リターンリバーサル狙いの買いを呼び込みやすい。輸入炭を中心とする石炭商社だが、オーストラリアなどに権益を持つ。16年3月期は石炭価格の上昇や豪ドル安効果もあって業績改善傾向、営業利益は従来予想の1億円見通しから7億円に上方修正している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均