市場ニュース

戻る
2015年11月26日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】:ヒューリック、ゼオン、そーせい、ナガワなど

■ヒューリック <3003>  1,140円  +49 円 (+4.5%)  09:06現在
 25日に業績修正を発表。「今期経常を5%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も1.5円増額」が好感された。
 ヒューリック <3003> が11月25日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。15年12月期の連結経常利益を従来予想の390億円→410億円(前期は343億円)に5.1%上方修正し、増益率が13.7%増→19.5%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
  ⇒⇒ヒューリックの詳しい業績推移表を見る

■日本ゼオン <4205>  985円  -36 円 (-3.5%)  09:06現在
 25日に業績修正を発表。「今期最終を一転3%減益に下方修正」が嫌気された。
 ゼオン <4205> が11月25日大引け後(15:45)に業績修正を発表。16年3月期の連結最終利益を従来予想の230億円→185億円(前期は190億円)に19.6%下方修正し、一転して3.0%減益見通しとなった。
  ⇒⇒日本ゼオンの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「今期最終を一転3%減益に下方修正」も売り材料。
 16年3月期の連結最終利益を従来予想の230億円→185億円(前期は190億円)に19.6%下方修正し、一転して3.0%減益見通しとなった。英国の合成ゴム生産を中止し、子会社を解散することに伴い、特別損失として56億円を計上することが主因。

■そーせいグループ <4565>  5,770円  +300 円 (+5.5%) 特別買い気配   09:06現在
 25日に発表した「テバと偏頭痛薬で研究開発契約」が買い材料。
 子会社ヘプタレス・セラピューティクスがイスラエルのテバファーマスーティカル・インダストリーズと偏頭痛治療薬候補の新規低分子CGRP受容体拮抗薬の研究開発契約を締結した。ヘプタレスは契約一時金1000万ドルと研究開発支援金、最大400万ドルのマイルストーン、販売高に応じたロイヤルティーを受領することが可能となる。

■ナガワ <9663>  4,055円  +210 円 (+5.5%) 特別買い気配   09:06現在
 25日に業績修正を発表。「今期配当を15円増額修正」が好感された。
 ナガワ <9663> [JQ] が11月25日大引け後(15:30)に配当修正を発表。16年3月期の期末一括配当を従来計画の25円→40円(前期は40円)に大幅増額修正した。
  ⇒⇒ナガワの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「東証1部に市場変更」も買い材料。
 東証がナガワを12月17日付で東証1部に市場変更する。

■メタップス <6172>  2,932円  +150 円 (+5.4%) 特別買い気配   09:06現在
 25日に発表した「ソーシャルメディア広告代理店と提携」が買い材料。
 ソーシャルメディア広告代理店のトーチライトと資本業務提携するとともに、同社を持分法適用関連会社化する。トーチライトはフェイスブック、インスタグラム、ツイッターの公式パートナーとして広告運用ツール「Sherpa(シェルパ)」を展開している。

■テラ <2191>  977円  +45 円 (+4.8%) 特別買い気配   09:06現在
 25日に発表した「免疫療法と抗がん剤が膵臓がんに効果」が買い材料。
 東京慈恵会医科大学附属柏病院と共同で進めている樹状細胞ワクチン療法と抗がん剤の併用に関する臨床研究において、治療前後の測定データを解析し予後予測因子の探索を行った結果、膵臓がん患者に有用な可能性があることが示唆された。

■駐車場綜合研究所 <3251>  284円  +24 円 (+9.2%) 特別買い気配   09:06現在
 25日に発表した「1株330円でMBOを実施」が買い材料。
 MBO(経営陣による買収)を実施し、1株330円でTOB(株式公開買い付け)を行う。買い付け期間は11月26日から16年1月14日まで。TOB価格が25日終値を26.9%上回る水準。

■メディア工房 <3815>  797円  -45 円 (-5.3%) 特別売り気配   09:06現在
 25日に発表した「10月売上高は18.6%減」が売り材料。
 10月売上高は前年同月比18.6%減と、今期に入り2ヵ月連続で前年実績を下回った。

■デジタルガレージ <4819>  2,029円  +76 円 (+3.9%)  09:06現在
 25日に発表した「東証1部への市場変更を申請」が買い材料。
 東証1部への市場変更を申請した。

■アキレス <5142>  162円  +5 円 (+3.2%)  09:06現在
 25日に発表した「1.13%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 25日、アキレス <5142> が発行済み株式数(自社株を除く)の1.13%にあたる210万株(金額で3億2970万円)を上限に、26日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は25日終値の157円)を実施すると発表したことが買い手掛かり。また、発行済み株式数の3.83%にあたる710万株の自社株を消却する。消却予定日は12月22日。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■内田洋行 <8057>  443円  -16 円 (-3.5%)  09:06現在
 25日に決算を発表。「8-10月期(1Q)経常は44%減益で着地」が嫌気された。
 内田洋 <8057> が11月25日大引け後(15:00)に決算を発表。16年7月期第1四半期(8-10月)の連結経常利益は前年同期比43.5%減の4.2億円に落ち込み、8-1月期(上期)計画の7億円に対する進捗率は前年同期の97.4%を下回る60.4%にとどまった。
  ⇒⇒内田洋行の詳しい業績推移表を見る

■青山財産ネットワークス <8929>  675円  +30 円 (+4.7%)  09:06現在
 25日に業績修正を発表。「今期売上を32%上方修正」が好感された。
 青山財産 <8929> [東証2] が11月25日大引け後(15:00)に業績修正を発表。15年12月期の連結売上高を従来予想の98.5億円→130億円(前期は93億円)に32.0%上方修正し、増収率が5.9%増→39.7%増に拡大する見通しとなった。
  ⇒⇒青山財産ネットワークスの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「不動産共同所有システムを新規組成」も買い材料。
 不動産特定共同事業法に基づく不動産共同所有システム「ADVANTAGE CLUB 銀座二丁目」任意組合を組成。

■アグロ カネショウ <4955>  1,006円  +21 円 (+2.1%)  09:06現在
 25日に業績修正を発表。「今期配当を2円増額修正」が好感された。
 アグロカネシ <4955> が11月25日大引け後(15:15)に配当修正を発表。15年12月期の期末一括配当を従来計画の20円→22円(前期は27円)に増額修正した。
  ⇒⇒アグロ カネショウの詳しい業績推移表を見る

■ニチレキ <5011>  994円  +16 円 (+1.6%)  09:06現在
 25日に発表した「1.38%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 25日、ニチレキ <5011> が発行済み株式数(自社株を除く)の1.38%にあたる40万株(金額で3億9120万円)を上限に、26日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は25日終値の978円)を実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■ミライトHD <1417>  1,018円  +13 円 (+1.3%)  09:06現在
 25日に発表した「子会社がデータセンター事業を開始」が買い材料。
 情報通信エンジニアリング事業を手掛ける子会社ミライト・テクノロジーズが新たにデータセンター事業を開始する。初期投資額は100億円で、事業開始は17年度第3四半期を予定している。

株探ニュース

日経平均