市場ニュース

戻る
2015年11月16日15時43分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):ディーエヌエ、NIPPO、ルネサス、JAL

■扶桑化学工業 <4368>  1,556円  -159 円 (-9.3%)  本日終値
 13日、扶桑化学 <4368> [JQ]が400万株の公募増資と既存株主による100万株の株式売り出しを実施するほか、オーバーアロットメントによる上限75万株の売り出しを発表したことが売り材料。新株発行が最大で発行済み株式数の12.7%におよぶ規模とあって、株式価値の希薄化や株式の需給悪化が懸念された。発行価格は11月24日から27日までのいずれかの日に決定。最大で約56億円の調達資金については、設備資金に36億円、投融資金に12億円、残額を運転資金に充てる。同時に、東証が同社を12月7日付で東証1部または2部に市場変更すると発表したが買い材料視されなかった。

■ディー・エヌ・エー <2432>  1,804円  -164 円 (-8.3%)  本日終値
 ディー・エヌ・エー<2432>が急反落。13日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「オーバーウエート」から「ニュートラル」へ、目標株価を3000円から1700円へ引き下げた。任天堂<7974>との協業タイトルについて、「15/10-12期中に任天堂IPを使ったタイトルのローンチ」という想定が、「2016年3月にスマホアプリ『Miitomo』とメンバーズサービス『My Nintendo』のリリース」に変更されたことを考慮。今16年3月期通期業績を連結営業利益で従来予想の176億6600万円(前期実績247億6400万円)から172億7200万円へ、来期予想を529億4800万円から214億6200万円へ下方修正している。

■特種東海 <3708>  385円  -22 円 (-5.4%)  本日終値
 特種東海製紙<3708>が3日続落。前週末13日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の810億円から780億円(前期比1.1%減)へ、営業利益を37億円から31億円(同25.1%増)へ下方修正しており、これが嫌気されている。出版向けの需要減少などに加えて、主要原材料価格の高止まりを考慮したという。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)の連結決算は売上高395億3500万円(前年同期比0.2%増)、営業利益20億2000万円(同49.3%増)だった。

■NIPPO <1881>  1,978円  -104 円 (-5.0%)  本日終値
 14日に発表した「小石川後楽園事業の建築確認処分取消」が売り材料。東京都建築確認審査会が「ル・サンク小石川後楽園」事業に対する建築確認処分の取り消す旨の裁決書を指定確認検査機関である都市居住評価センターに対して送達。

■日本トムソン <6480>  531円  -23 円 (-4.2%)  本日終値
 日本トムソン<6480>が続落。岩井コスモ証券は13日、同社株の投資判断を「A」から「B」へ2段階引き下げた。目標株価は730円から590円に見直している。同社は9日に16年3月期の業績予想を下方修正、連結営業利益を48億円から37億円(前期比5%減)に減額した。中国の景気減速の影響などを受けた。特に、中国の設備投資意欲は次期スマートフォン向け以外では、本格的な回復には時間が必要とみている。下期のアジア向け売り上げも減少する見込みだ。同証券では17年3月期営業利益40億円を見込んでいるが、先行きには不透明感を指摘している。

■ルネサス <6723>  668円  -25 円 (-3.6%)  本日終値
 ルネサステクノロジー<6723>が5日続落。SMBC日興証券では「同社業容は着実に改善も今下期は環境悪化で減収・減益を想定」とリポートをリリースした。投資評価を「2」で継続しているものの、目標株価を870円から770円に引き下げている。同証券のアナリストは自動車、産業分野の半導体事業が厳しいと予想しているようだ。半導体関連銘柄ではアドバンテスト<6857>もルネサス同様な低迷した株価チャート、一方で東京エレクトロン<8035>、SCREENホールディングス<7735>などは上昇基調の強いトレンド株価チャートとなっており二極化が進んでいる。

■日本航空 <9201>  4,558円  -139 円 (-3.0%)  本日終値
 JAL<9201>やANAホールディングス<9202>など空運株が安い。13日にパリで発生した同時多発テロに伴う地政学リスクの高まりで、国際線の旅客数に影響があるのではないかとの警戒感から売りが先行しているようだ。また、エイチ・アイ・エス<9603>やKNT-CTホールディングス<9726>など旅行代理店への影響も懸念され、売り優勢となっている。

■日立化成 <4217>  1,975円  -40 円 (-2.0%)  本日終値
 日立化成<4217>は4日続落。ドイツ証券は16日、同社株の投資評価の「ホールド」を継続し、目標株価を2000円(従来1900円)とした。ただ、「引き続き株価を押し上げる材料を欠く」とみている。同社株価は「構造改革による利益上昇を織り込む上昇局面が終わり、成長性が求められる局面にいる」と指摘。しかし、「機能材料の牽引役不在や先端部品・システムの過去利益のトラックレコードの悪さ、非積極的な株主還元などにより、評価が低位にとどまっている」と分析している。16年3月期の連結営業利益は484億円と会社予想500億円を下回るとみている。

■ヨロズ <7294>  2,368円  -43 円 (-1.8%)  本日終値
 ヨロズ<7294>が続落。モノ言う株主アクティビストで知られている村上世彰氏が間接的に関連する株式会社レノ、共同保有者三浦恵美氏が保有するヨロズ株の減少が5%ルール大量保有報告書で確認されている。11月12日に提出された最新資料によると、提出者が株式会社レノ、共同保有者に株式会社C&I Holdings、三浦恵美氏がヨロズ株式の保有株比率を減少させてることが判明。従来は発行済み株数の12.06%を保有していたが、10.27%(257万2100株)まで減少している。

●ストップ高銘柄
 アップル <2788>  421円  +80 円 (+23.5%) ストップ高   本日終値
 FVC <8462>  1,615円  +300 円 (+22.8%) ストップ高   本日終値
 KIホールディングス <6747>  461円  +80 円 (+21.0%) ストップ高   本日終値
 東洋合成工業 <4970>  865円  +150 円 (+21.0%) ストップ高   本日終値
 アール・エス・シー <4664>  652円  +100 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値
 など、9銘柄

●ストップ安銘柄
 ブイキューブ <3681>  1,693円  -500 円 (-22.8%) ストップ安   本日終値
 ITbook <3742>  649円  -150 円 (-18.8%) ストップ安   本日終値
 アジアパイル <5288>  579円  -100 円 (-14.7%) ストップ安   本日終値
 LCAHD <4798>  1円  0 円 (0.0%) ストップ安   本日終値
 以上、4銘柄

株探ニュース

日経平均