市場ニュース

戻る
2015年10月01日10時33分

【材料】キーウェアが急伸、産学連携で医療安全管理モニタリング情報システムを開発

キーウェア 【日足】
多機能チャートへ
キーウェア 【日中足】

 キーウェアソリューションズ<3799>が急伸。10時ごろに、東北福祉大学健康科学部・関田康慶教授の医療安全研究グループと、医療・福祉関係のセミナーなどを行うアウトカム・マネジメント(福島県・新地町)などと共同で、医療安全管理モニタリング情報システム「HoSLM(ホスルム)」を開発し、10月1日から販売を開始したと発表しており、これを好感した買いが入っている。
 HoSLMは、関田医療安全研究グループの文部科学省・科研費での研究成果である「医療安全ピラミッド理論」を基に、インシデント(患者の健康被害に至らないトラブル)・アクシデント(患者の健康被害に至ったトラブル)のデータを分析し、医療安全状態の評価(危険度の評価)や、医療安全対策を実施した効果(介入効果)の評価ができるようにしたもの。医療安全管理状態のモニタリングができるほか、危険性の高まりを把握できるようになるなどのメリットがあり、ニーズの高まりへの期待が高まっている。

キーウェアの株価は10時33分現在589円(△22円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均