市場ニュース

戻る
2015年09月01日14時19分

【材料】日本ラッドが一時S高、次世代ネットワーク可視化・監視システムの新バージョンをリリース

日本ラッド 【日足】
多機能チャートへ
日本ラッド 【日中足】

 日本ラッド<4736>が後場急伸。一時、前日比80円ストップ高の576円まで買われる場面があった。同社はきょう、情報通信研究機構(NICT)が開発した次世代ネットワーク可視化・監視システム「NIRVANA」の大幅な改修開発を行い、新バージョン「NIRVANA―R(ニルヴァーナ・アール)」の第1弾をリリースしたと発表。情報セキュリティーのニーズが高まるなか、需要の拡大などが期待されているようだ。
 同社は、今年6月にNICTからソースコードの利用・改変権を取得済み。新バージョンでは、あらかじめ設定した値を外れた通信量や、特定の条件を満たす通信の発生をきっかけとするアラート・通知機能を実装している。

日本ラッドの株価は14時18分現在526円(△30円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均