市場ニュース

戻る
2015年08月31日11時34分

【材料】ピーエス三菱が大幅高で4連騰、都市再開発や高速道路補修材料に投機資金流入

PS三菱 【日足】
多機能チャートへ
PS三菱 【日中足】

 ピーエス三菱<1871>が継続的に投機筋の買いを集め4連騰となった。為替や原油、中国株市場など海外要因に影響されにくい内需セクターとして建設株に物色の矛先が向かうなか、都市再開発プロジェクトや国土強靭化の政策テーマを背景とした首都圏高速道路の補修需要などを取り込む材料株として注目度が高まっている。中期的なトレンドとして東京23区の大規模オフィスビルの供給量拡大が見込まれており、「今後は政府による規制緩和の推進も不動産大手企業の投資拡大に反映される見通し」(国内証券)と指摘される。そのなか改めて建設株をマークする動きが強いが、同社は建築分野の受注残が豊富なほか、PC工事トップクラスの実力を背景に高速道路の補修で大型案件獲得に傾注している点が、短期資金の食指を動かしている。

ピーエス三菱の株価は11時30分現在409円(△29円)



出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均