市場ニュース

戻る
2015年08月07日15時31分

【材料】BMLが次世代シークエンサーを用いた先天性難聴の遺伝子検査の受託を開始

BML 【日足】
多機能チャートへ
BML 【日中足】

 ビー・エム・エル<4694>がこの日の取引終了後、次世代シークエンサー(NGS:大量の塩基配列を解読する装置)を用いた先天性難聴の遺伝子解析を信州大学医学部耳鼻咽喉科学教室との共同研究で新たに開発し、10日から検査の受託を開始すると発表した。次世代シークエンサーを用いた遺伝学的検査を保険診療で実施するのは国内初のことで、同社では難聴患者の遺伝子診断率の向上と、原因診断にもとづいたオーダーメイド医療をさらに加速し、先天性難聴の遺伝子検査分野をリードする方針だ。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均