市場ニュース

戻る
2015年07月06日11時36分

【材料】木徳神糧---ベトナム子会社が大戸屋ベトナム第1号店に日本米(ジャポニカ米)を全量供給

木徳神糧 【日足】
多機能チャートへ
木徳神糧 【日中足】


木徳神糧<2700>は、ベトナムの連結子会社であるアンジメックス・キトクが、大戸屋ホールディングス<2705>のベトナム第1号店となる「大戸屋Restaurant MESA PLAZA店」がホーチミン市に7月4日にオープンするのに伴い、ベトナム産ジャポニカ米を納入しており、同店舗で使う日本米(ジャポニカ米)は全量アンジメックス・キトクから供給される。

木徳神糧<2700>は、ベトナムを機軸としたグローバル展開を経営戦略の一つとしており、ベトナム子会社アンジメックス・キトクを中心に海外における日本米(ジャポニカ米)の生産・販売を急拡大している。

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、海外における日本食への関心が高い中、大戸屋ホールディングス<2705>をはじめ日系外食産業の海外進出も加速している。今後も木徳神糧<2700>のビジネスチャンスが拡大すると考えられる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均