市場ニュース

戻る
2015年05月25日12時36分

【材料】日本M&Aが7連騰、東海東京調査センターが目標株価5259円に設定

日本M&A 【日足】
多機能チャートへ
日本M&A 【日中足】

 日本M&Aセンター<2127>が7連騰と上昇指向を強めている。21日の高値4575円を大幅に上回り新値街道に復帰した。東海東京調査センターが22日付で同社株のレーティングを「アウトパフォーム」でフォロー、目標株価を5259円に設定しており時価は依然として上値余地が大きいとみた投機資金の流入を促した。16年3月期の連結最終利益について会社側は前期比11.6%増の44億1000万円を見込んでいるが、同調査センターでは「(日本M&Aは)業績予想を保守的に設定する傾向がある」と指摘、「15年3月期末における事業譲渡の依頼案件が高水準にあること、需要の拡大をコンサルタントの人員増加により対応していくとみること」などを理由に前期比35%増の53億円を予想している。

日本M&Aの株価は12時30分現在4765円(△215円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均