市場ニュース

戻る
2015年05月22日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】:すかいらーく、新東工、ジャステック、メディシスなど

■すかいらーく <3197> 1,674円  -120 (-6.7%) 特別売り気配    09:06現在
 21日に発表した「最大6406万株の売り出しを実施」が売り材料。
 21日、すかいらーく <3197> が筆頭株主の米ファンド、ベインキャピタルなどが保有する4583万9800株(需要動向で4152万8400株~5909万4600株の範囲で変更する場合がある)の売り出しと、497万500株を上限とするオーバーアロットメントによる売り出しを実施すると発表したことが売り材料。売り出し株数は最大で約6406万株で発行済み株式数の33%におよぶ規模とあって、株式需給悪化を懸念する売りものが先行した。売出価格は6月1日から3日までの期間に決定される。売り出しの目的は一般投資家の投資機会を増加させ、株主層を拡大することが狙い。

■新東工業 <6339> 1,204円  +90 (+8.1%) 特別買い気配    09:06現在
 21日に発表した「3.32%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 21日、新東工 <6339> が発行済み株式数(自社株を除く)の3.32%にあたる180万株(金額で15億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は22日から10月30日まで。同時に発行済み株式数(自社株を除く)の3.62%にあたる199万3081株の自社株を消却すると発表。消却予定日は6月5日。

■ジャステック <9717> 987円  +45 (+4.8%) 特別買い気配    09:06現在
 21日に業績修正を発表。「今期最終を2.2倍上方修正・13期ぶり最高益更新へ」が好感された。
 ジャステック <9717> が5月21日大引け後(15:00)に業績修正を発表。15年11月期の連結最終利益を従来予想の11.7億円→25.3億円(前期は7.8億円)に2.2倍上方修正し、増益率が49.4%増→3.2倍に拡大し、13期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒ジャステックの詳しい業績推移表を見る

■メディシス <4350> 509円  -30 (-5.6%) 特別売り気配    09:06現在
 21日に発表した「公募増資と売り出しを実施」が売り材料。
 21日、メディシス <4350> が336万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限56万株の第三者割当増資を実施するほか、自己株処分による38万株の株式売り出しと自己株処分による170万株の第三者割当(綜合臨床HD <2399> に80万株など計5先に割り当て)を発表。新株発行が最大で発行済み株式数の約15%におよぶ規模とあって、株式価値の希薄化や株式の需給悪化が嫌気された。発行価格は6月1日から4日までのいずれかの日に決定。最大で約29億6500万円の調達資金については、医薬品等ネットワーク事業への設備投資資金のほか、子会社への投融資資金や短期借入金の返済に充てる。

■エラン <6099> 2,523円  +150 (+6.3%) 特別買い気配    09:06現在
 21日に発表した「1→2の株式分割を実施」が買い材料。
 21日、エラン <6099> [東証M]が6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

■日ダイナミク <4783> 649円  +30 (+4.8%) 特別買い気配    09:06現在
 21日に発表した「データ検索高速化デバイスを開発」が買い材料。
 ベンチャー企業のエイ・オー・テクノロジーズと電気通信大学の範公可准教授が共同開発した「メモリー型コンピューティング」技術を使い、データ検索などの処理を従来のコンピュータ処理に比べて、最大で100万倍近く高速化できるシステムの開発に着手。同システムは、高性能半導体「FPGA」を使ったデバイスとパソコンなどをUSBケーブルで接続して使用するもので、今秋の商品化を目指す。

■プロルート丸光 <8256> 474円  -24 (-4.8%) 特別売り気配    09:06現在
 22日付の朝刊で「東証が信用規制」と一部報じられたことが売り材料視された。

■日本エンタープライズ <4829> 363円  +20 (+5.8%)   09:06現在
 21日に発表した「スマートコミュニティ事業に参入」が買い材料。
 スマートコミュニティ事業に参入。子会社のフオー・クオリアなどと、太陽光発電・電気販売を手掛ける合弁会社を山口県に設立。

■自重堂 <3597> 1,279円  +33 (+2.7%)   09:06現在
 21日に発表した「1.70%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 21日、自重堂 <3597> [東証2]が発行済み株式数の1.70%にあたる30万株(金額で3億7380万円)を上限に、22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は22日終値の1246円)を実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。

■アールビバン <7523> 435円  +24 (+5.8%)   09:06現在
 21日に発表した「子会社に対する訴訟和解で特別利益発生」が買い材料。
 12年7月に子会社のダブルラックに対して提起された訴訟について和解が成立。16年3月期に特別利益4.1億円を計上。

■ハウスコム <3275> 1,676円  +76 (+4.8%)   09:06現在
 21日に発表した「0.1%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 21日、ハウスコム <3275> [JQ]が発行済み株式数(自社株を除く)の0.1%にあたる5500株(金額で3000万円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は6月8日から16年6月7日まで。

■ジーンズメイト <7448> 301円  +11 (+3.8%)   09:06現在
 21日に発表した「5月度の既存店売上高は前年同月比8.9%増」が買い材料。

■進学会 <9760> 594円  +10 (+1.7%)   09:06現在
 21日に発表した「栄光HD株売却で特別利益46億円」が買い材料。
 栄光HD株売却により概算で特別利益46.39億円が発生の見込み。

株探ニュース

日経平均