市場ニュース

戻る
2015年05月01日14時09分

【材料】北陸電工が3日続伸、好業績で株価指標面でも超割安感

北陸電工 【日足】
多機能チャートへ
北陸電工 【日中足】

 北陸電気工事<1930>が3日続伸。今週4月28日に16年3月期の好決算見通しを背景にストップ高に買われ、祝日をまたぎ前日もその余勢を駆って大幅高を演じた。きょうも全般悪地合いのなかで買い優勢の展開と強さをみせている。北陸電力向け売上高が約4割を占め北陸三県を地盤に展開するが、北陸電力<9505>のTOBによる子会社化で一段と営業展開力が強まる。15年3月期は低採算の大型案件が一巡したほか、空調管工事が好調に推移し営業利益段階で前の期比30.4%増の41億9800万円と大幅な伸びを示した。16年3月期も前期比19.1%増の50億円と2ケタ成長を継続する見通しで物色人気が加速する格好となった。PER5倍台、PBR0.9倍と株価指標面でも割安さが際立つ。また、ROE12%台という資本効率の高さも意外性がある。

北陸電工の株価は14時5分現在865円(△15円) 


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均