市場ニュース

戻る
2014年06月26日10時22分

【材料】水素ステーション関連株が高い、燃料電池車が初の市販でインフラ整備期待

化工機 【日足】
多機能チャートへ
化工機 【日中足】

 化工機 <6331> や岩谷産 <8088> 、中国工 <5974> 、加地テック <6391> [東証2]、オーバル <7727> といった水素ステーション関連株の一角が高い。

 25日、トヨタ <7203> が二酸化炭素や排ガスを出さず、水しか排出しない「究極のエコカー」である燃料電池車を14年度中に世界に先駆けて日本で市販すると発表。

 これを受けて一部メディアが26日付で「政府も普及の課題となる水素ステーションなどインフラ整備を規制緩和で後押しする」と報じたことから、インフラ整備の加速によるビジネスチャンスの拡大を期待する買いが関連株に向かった。
(「株探」編集部)

【関連記事・情報】

日経平均