市場ニュース

戻る
2016年02月05日11時00分

【決算】ユニチカ、今期最終を67%上方修正

ユニチカ 【日足】
多機能チャートへ
ユニチカ 【日中足】

 ユニチカ <3103> が2月5日午前(11:00)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終損益は61.6億円の黒字(前年同期は202億円の赤字)に浮上して着地した。
 併せて、通期の同損益を従来予想の30億円の黒字→50億円の黒字(前期は270億円の赤字)に66.7%上方修正した。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の12.7億円の黒字→32.7億円の黒字(前年同期は54.2億円の赤字)に2.6倍増額した計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結最終利益は前年同期比3.1倍の44.4億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.5%→7.8%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  通期の連結業績予想につきましては、昨年度より取り組んでまいりました事業ポートフォリオ改革に伴う特別損失が、当初予想していた程の損失には至らない見込みであることなどにより、親会社株主に帰属する当期純利益は、前回発表予想を上回る見込みであります。 なお、売上高、営業利益、経常利益につきましては、前回発表予想から変更はございません。<業績等の予想及び計画に関す»続く

【関連記事・情報】

日経平均