市場ニュース

戻る
2015年08月11日15時00分

【決算】関東電化工業、今期経常を30%上方修正・9期ぶり最高益更新へ

関電化 【日足】
多機能チャートへ
関電化 【日中足】

 関電化 <4047> が8月11日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.9倍の18.8億円に急拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の61.5億円→80億円(前期は48.9億円)に30.1%上方修正し、増益率が25.7%増→63.5%増に拡大し、9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
 同時に、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の26.5億円→37億円(前年同期は13億円)に39.6%上方修正し、増益率が2.0倍→2.8倍に拡大し、9期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の7.0%→17.3%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当第2四半期累計期間の連結業績予想につきましては、精密化学品事業部門である半導体・液晶用特殊ガス類の販売数量増加と価格修正効果により、売上高は前回予想を上回る見込みです。以上により、売上高は216億円、営業利益は35億円、経常利益は37億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は27億円にそれぞれ修正いたします。 通期の業績予想につきましても、同様に前回予想»続く

日経平均