市場ニュース

戻る
2014年01月17日15時15分

【決算】任天堂、今期最終を一転250億円の赤字に下方修正、配当も160円減額

任天堂 【日足】
多機能チャートへ
任天堂 【日中足】

 任天堂 <7974> が1月17日大引け後(15:15)に業績・配当修正を発表。14年3月期の連結最終損益を従来予想の550億円の黒字→250億円の赤字(前期は70.9億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の544億円の黒字→256億円の赤字(前年同期は350億円の黒字)に減額し、一転して赤字見通しとなった。

 業績悪化に伴い、期末一括配当を従来計画の260円→100円(前期は100円)に大幅減額修正した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  1年で最も売上が大きくなる年末商戦において、ハードウェアの販売が想定した水準に届かなかったことなどにより、利益率の高いソフトウェアの売上が予想を大きく下回りました。その結果、売上総利益が販売費及び一般管理費を下回り、営業損失となる見込みです。  営業損失から経常利益となる主な理由は、前提為替レートを期初よりも円安に変更したことにより、為替差益が発生するた»続く

【関連記事・情報】

日経平均